• 妊婦
    2016年9月27日 未分類
    産前産後のグッズを使った腰痛対処方法
  • フィットネス後の女性
    2016年9月27日 未分類
    負担のないものを選ぼう!腰痛改善グッズ
  • サプリメント
    2016年9月27日 未分類
    腰痛改善におすすめのグッズ
  • 車を運転する女性
    2016年9月27日 未分類
    ベルトやクッションを活用!正しい姿勢で座れるシート
  • バランスボールに乗る女性
    2016年9月22日 未分類
    腰の痛みは腰痛改善グッズで取る
妊婦

腰痛の原因は、骨盤の弛み

妊娠すると体重が増え、おなかが出ることでそり腰になり腰に負担をかけます。それとともに、妊娠3か月頃から胎児が骨盤を通りやすくするために関節や人体を緩める効果のある「リラキシン」というホルモンが分泌されることにより、骨盤や筋肉が弛みます。そのため、骨盤や筋肉を支える腰に負担がかかり腰痛を起こすのです。妊娠前から腰痛を持病としている人などは、起こりやすいといえます。この弛んだ骨盤をケアするためには、骨盤を鍛えることが必要です。

 

ただ、骨盤は一朝一夕に鍛えることはできないので、その代りとして腰痛改善グッズの骨盤矯正ベルトなどの利用がおすすめです。骨盤矯正ベルトとは、歪んでしまった骨盤をパワーネットなどで支えてしめなおすベルトのことで、腰痛改善グッズとしてはとても便利です。このベルトによってズレたり弛んだりしている骨盤を正しい位置に整え安定させることができます。これにより姿勢が改善され、腰への負担が軽くなり腰痛の緩和になります。腰痛改善グッズとしての骨盤ベルトには、素材の柔らかなものや伸縮性の良いものなど様々なものがあるので、自分にあったものを選びましょう。

 

また、着用する場合は、胎児に影響が出ないよう医師などの専門家の指導にそって着用してください。骨盤の弛みは、産後も続くため放っておくと骨盤のゆがみを悪化させてしまう場合があります。腰痛改善グッズとしてだけでなく、骨盤ケアのためにも産後も骨盤矯正ベルトを着用することをおすすめします。骨盤ベルトはとても有効なグッズです。骨盤矯正ベルトを腰痛改善グッズとして利用することで、産前産後の辛い腰痛を少しでも緩和することができます。

グッズの複数使いがいい

妊婦さんのほとんどが、臨月近くになると腰痛を訴えることからもわかるように、お腹が大きくなった時に腰にかかる負担は相当なものがあります。考えてみれば3キロ以上の重みを常にお腹に持っているのですから、反対側の腰が痛くなるのも無理はありません。そんな妊婦さんに最適な腰痛改善グッズは、お腹の重みをサポートしてくれる妊娠帯と呼ばれるもので、これをお腹に巻くことでお腹の重みをしっかりと支えてくれます。お腹の重みを支えてくれれば、必然的に腰にかかる負担が減りますので、腰痛軽減ができる腰痛改善グッズになります。

 

また、寝ているときに腰痛を訴えることが多いのも妊婦さんの特徴ですので、体を支えてくれるクッションなどの腰痛改善グッズがあると安眠につながります。妊婦さんは体の左側を下にして眠るといいと言われていますが、その際、両足の間に抱き枕をはさむと支えができて楽になります。お腹の大きな体に沿いながら、両足の間に挟めるよう、三日月形をした抱き枕がおすすめです。

 

妊娠時の腰痛はお腹の重みが原因であると断定しても過言ではありませんので、妊娠帯でしっかりお腹の重みを受け止め、さらに腰の痛みを感じやすい就寝時の姿勢を楽にすることで、かなり改善ができると思われます。座っている時には腰部分に当てる立体的なクッションも効果的ですので、これら腰痛改善グッズを複数使うことで、出産までの時を過ごすようにすれば、かなり腰痛が改善されるのではないでしょうか。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未分類】の関連記事
  • 妊婦
    産前産後のグッズを使った腰痛対処方法
  • フィットネス後の女性
    負担のないものを選ぼう!腰痛改善グッズ
  • サプリメント
    腰痛改善におすすめのグッズ
  • 車を運転する女性
    ベルトやクッションを活用!正しい姿勢で座れるシート
  • バランスボールに乗る女性
    腰の痛みは腰痛改善グッズで取る
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。